投資

スポンサードリンク

榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編

商材内容 :あの榊淳司が紹介する、買ってはいけないタワーマンションの真実


価  格 :1,960円

詳細はこちら
榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編


□■□■□ 感  想 □■□■□

今、世の中はタワーマンションブームと言っても過言ではないくらい、とても多くのタワーマンションが販売されています。

素晴らしい眺望、広い部屋、豪華設備と良いとこ尽くしのオンパレード。

こんな広告を見ていると、思わず買いたくなってしまうのではないでしょうか。

でも、マンションは一生に一度あるかないかの高価な買い物です。

いろいろな冷静になって考える必要があるのではないでしょうか。



実はタワーマンションには、人々がまだ気づいていない、いろいろなリスクがあるのです。

それは通常階数のマンションにはないリスクです。

タワーマンションには「ソフト面」で大きなリスクがいくつもあるのですね。

それからタワーマンションの中層階以下の住戸には、購入するべきメリットというものが何もない、管理費関係が高くなる、資産価値が将来高い確率で暴落するだろうという数々のデメリットが存在しているのです。

もちろん、マンションはそこに住む人のものなので、その人が価値を見いだせばいいのですが、購入前に考えておくべき事はたくさんあります。

資産としての価値、市場価格と比べてどうなのか?共用施設は本当に必要か?間取りは自分たちに合っているのか?本当に便利なのか?などです。



このレポートでは、実際に今販売されている都心のタワーマンション18物件について、詳細に書かれてあります。

チェックポイントを中心に、メリットやデメリットをひとつひとつ解説してあります。

もしも都心のタワーマンションを購入予定の方がいらっしゃったら、是非とも契約前に見ていただきたいレポートとなっています。



詳細はこちら
榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編


総合得点 :80/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
榊淳司の買ってはいけないタワーマンション東京都心編
| 投資 |

日経225マーケットの”クセ”から収益を上げる方法

商材内容 :投資市場が持つ「クセ」を知り、利益を伸ばす方法


価  格 :9,800円

詳細はこちら
日経225マーケットの”クセ”から収益を上げる方法


□■□■□ 感  想 □■□■□

投資市場というものはどこでも「クセ」を持っているものです。

それを理解することが出来れば、利益をどんどん上げていくことが可能になります。

プロのディーラーはどうやって儲けているのかご存じですか?

エントリー前からある程度の優位性を持ち、有効であるパターンをいくつも持っている。

過去の膨大なデータや経験から、将来的にも有効である特徴を掴んでおり、負ける金額を押さえることが上手、ということです。

このプロの手法に互角以上の戦いをすることができるのがこの商材のノウハウです。



この方法とは、対象銘柄のクセを徹底的に調べて、そのパターンに当てはまった時に売買をするというものです。

パラメータをいじって最適化などせず、とてもシンプルな売買方法なので、初心者の方から中級者まで幅広い人が対象になります。

面倒なテクニカル分析やファンダメンタルズ分析も不要ですし、検証済みのロジックを選んで売買できます。

勝ち組ディーラーが実際に使用している、だれでも使える簡単で優良な手法を提供してくれます。

これはポジションを翌日に持ち越すことはなく、ロスカットを設定するので想定外の損失が発生することもありません。

プロは「このパターンになったら勝てる確率が高い」ということを熟知しています。

少なくともこのパターンを知っておけば、勝ち組が行っている売買に近づくことが出来るのです。



これは自動売買ソフトやシステムトレードソフトではなく、ノウハウをEブックとしてまとめたものです。

ですから、「何もしなくても儲けられる」という類のものではありません。

手法を見ながら実際に自分で取引をすることになります。

この手法は相場知識の基本を理解するための「教材」としても役に立つはずです。



詳細はこちら
日経225マーケットの”クセ”から収益を上げる方法


総合得点 :85/100点

わかり易さ:5★★★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:5★★★★★


詳細はこちら
日経225マーケットの”クセ”から収益を上げる方法
| 投資 |

指値注文と成行注文

株式の売買注文を出す時には、「指値注文」か「成行注文」を選ばなくてはなりません。

「指値注文」とは、例えば「○○会社の株が××円なら買いたい」「△△円なら売りたい」と、売買の値段を指図して注文を出すことをいいます。

また「成行注文」とは、「幾らでも良いから今買いたい」「今売りたい」と株価に関係なく注文を出すことをいいます。

株式の購入や売却の注文は、成立すれば取り消しは不可能になります。

成行注文はほとんどがすぐに売買成立になってしまうので、初心者にとっては「怖い」と思われるかもしれません。

自分が思ってもいなかった株価で購入、または売却してしまうことがあるからです。

しかし、冷静にみてみるとそういうケースは稀なことです。

出来高が少なく、買い(売り)注文だけで値段が飛んでしまうケースに限られるからです。

マザーズやヘラクレスのような新興市場では、時に出来高が少ないこともあるので注意が必要ですが、その他の大きな市場などではまずその心配はないでしょう。

そして成行注文のメリットとしては、売りたい時、買いたい時に自分で判断が下せる、という意味でストレスなく注文することが出来るということでしょう。

逆に指値注文の場合は、値段に対するストレスはありませんが、「買いたかったのに指値が安すぎて買えなかった」など、自分の思惑とは違った結果になってしまうことがあります。

今、売買したいと思えば成行注文、ある一定の株価になったら売買しようと思えば指値注文、と両者を上手く使い分けることが大切でしょう。

また、指値注文の場合は自分がつけた値段で売買が成立していない場合には取り消しも可能です。
| 投資 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 投資・FXの情報商材レビューセンター. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。