投資

スポンサードリンク

出来高とは

株式の売買では、「買い注文」と「売り注文」の価格と株式数が一致して、はじめて売買が成立します。

この売買が成立した株式数のことを「出来高」と呼びます。

例を出すとこうなります。

Aさんがある会社の株式を100円で1000株売りたいと思っていました。

その時にBさんがその会社の株式を100円で1000株買いたいと注文を出しますと、売買が成立するというわけです。

そしてこの時の1000株が「出来高」となるのです。

出来高は市場の活況具合を見る場合に使われることが多く、出来高が高いと取引が活発、低いと低調ということになり、株価の変動も少なくなるようです。

一般的に「出来高は株価に先行する」と言われています。

株価が上昇傾向だともっと上がるだろうと思う人は買い、利益確定したい人は売り、と活発化して出来高はさらに急上昇します。

また株価が下落傾向の場合は、割安感で「買い」と損切りで「売り」とこちらも市場は活発化しておなじく出来高が急上昇するものです。

このようなことから、出来高は相場の変わり目を判断する指標としても利用されているのです。

しかし、株価と出来高に密接な関係があるからといって、それだけで判断しては危険です。

出来高には「人気投票」のような面があるので、「株価が一番高い時に買ってしまった」というようなことが起こりえるからです。

株式の売買の見極めには、出来高だけではなく、ローソク足や移動平行線など、さまざまな要素を組み合わせて考えることをオススメします。
| 投資 |

金融商品を “利用” して、裏ワザ金利収入

商材内容 :金融商品を「利用」することで金利収入を得られる裏ワザ


価  格 :9,800円

詳細はこちら
金融商品を “利用” して、裏ワザ金利収入


□■□■□ 感  想 □■□■□

これは普通の人が思いも寄らない方法を使って、裏ワザ的に金利収入を得られる方法を教えてくれるものです。

といっても、法律違反など、常識に背くことは何一つなく、合法的に、健全に、普通の取引をしていて起こる現象を利用するだけです。

これはある市場のゆがみを利用したものです。

普通は誰もそのことに気づいたりしません。だから裏ワザなのです。



この裏ワザの内容は次の通りです。

A社の金融商品Xと、B社の金融商品Yを同時に買います。

両方とも持っていることで金利を受け取ることが出来ます。

XとYの相場価格は互いに「相反」しており、一方の値が上がると他方の値は同額だけ下がります。

ここが基本となるところなのですね。

どちらかが○円上がれば、どちらかは○円下がる、ということです。

なので、価格変動による損益はゼロのまま、両商品から金利だけを受け取ることが可能なのですね。



ほったらかしではなく、6日に一度メンテナンス1を、そして平均して1〜2週間に一度メンテナンス2を行うことが大切です。

もしも2つの商品のうち、どちらかがどんどん値上がりしていくと他方はどんどん下がり、証拠金/保証金が足りなくなると強制的に決済されてしまうからです。

それを防ぐためのメンテナンスなのです。

話を聞くと面白そうだな、と興味を持ってしまいますが、まとまった資金がないと月2%の金利ではあまり効果が出ないかもしれません。

また、この裏ワザがいつまで有効なのかも不透明です。

資金的にゆとりのある人には「ちょっと試してみる」価値はあるかもしれません。



詳細はこちら
金融商品を “利用” して、裏ワザ金利収入


総合得点 :60/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:3★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
金融商品を “利用” して、裏ワザ金利収入
| 投資 |

投資スタイル

株式投資を始めようと思ったら、まずは自分なりの投資スタイルというものを決める方が良いでしょう。

株式投資には、短期・中期・長期などいろいろなスタイルがあります。

最初からその特性などを理解して決定済みは別として、どうしようかと悩んでいるのなら、まず自分の性格を考えましょう。

人には向き・不向きというものがあり、投資においてもそれは影響してくるものです。

例えばあなたが「あまり物事を気にしない、おおらかな人」であれば長期的な投資が向いていますし、

もしも「細かいことをとても気にしてせっかちな人」であれば、短期の投資が一番向いていると思います。

「何をするのも面倒」という人には、毎月自動的に引き落として積み立てられていく自動積み立て投資が良いでしょうし、

逆に「何でもやってみたい、自分でやりたい」という人には、独自のポートフォリオを組んで運用していくのも良いでしょう。

ただし、これらはある程度勉強することも必要ですし、リスクも伴うので軽く考えるのは禁物です。

また自分のライフスタイルについてもよく考えておかなくてはなりません。

仕事が忙しく、日中投資をする時間がないと言う人は短期のデイトレードは無理ですよね。

そう言う場合は長期的投資が良いでしょうし、また夜間取引を取り入れるのも良いかもしれません。

また主婦の方は子育て中はまとまった時間が取れないことも多いでしょう。

人それぞれ違う環境なのですから、その中でいかに投資をしていくか、自分なりに考えることが必要でしょう。
| 投資 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 投資・FXの情報商材レビューセンター. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。