投資

スポンサードリンク

自社株買いとは?

ニュースなどを見ていると、自社株買いを行う企業がありますね。

自社株買いとは、企業が自らの資金を使って、株式市場から過去に発行した自社の株式を買うことです。

自社株買いをおこなうと、一株当たりの利益は、自己株式数を発行済株式総数から差し引いて計算するため増加します。

この点では株主への利益配分といえます。

しかし、配当はすべての株主が現金で受け取ることができますが、自社株買いの場合は、現金化するかどうかの選択について株主が決めることができるのです。

なぜ企業が自社株買いをするのかというと、1株あたりの利益を向上させ安定感を出させることで、株主価値を高めるためです。

この不安定な金融市場の時こそ積極的に自社株買いをした企業は回復期に強烈な上げの恩恵を受けることでしょう。

とくに史上最低金利が続いているうえ株価が低迷しているので、株式持ち合いが解消された場合の放出株の受け皿として、さらにM&Aへの対抗措置、余剰資金の有効な使い道として注目する企業が多くなっています。

もし全世界的に自社株買いを行なったとしたら・・・とんでもない株価アップにつながるかもしれないなんて、つい考えてしまうのは私だけでしょうか。
| 投資 |

エクセレントFX

商材内容 :あるロジックを組み込むことで、サイン通りの取引で利益をあげるためのシステムを公開


価  格 :29,800円

詳細はこちら
エクセレントFX


□■□■□ 感  想 □■□■□

通常、1通貨ペアでの運用は、リスクが伴うので、なかなか安定した成績を収めるのが難しいと言われています。

しかし、この「エクセレントFX」は違うんです。

損失を出し続けた著者は、自分の間違いに気付きました。



「ロスカットを嫌い、感情だけの裁量トレードをしていたこと」
「使っていたオリジナル指標が上手く機能しなくなった」
「自分のトレードに対しての過信」

この間違いをもとに過去を徹底的に検証して標準指標であるMACD(移動平均線)、ストキャスをベースに独自ロジックをブレンドした手法をあみ出したのです。

この「エクセレントEX」というシステムは、個人レベルではできない「損小利大」のトレードシステムに出来上がっています。



また、購入して実際に利用する画面自体も、とてもシンプルな画面設定になっているので、難しいことなく使いこなせる仕様になっています。

あまりごちゃごちゃしていると、頭の中までごちゃごちゃしてしまうので、このシンプルさはかなり精神的にもいいような気がしました。

通常、こういったマニュアルやソフトは自分の商品のデメリットを書いてあるものはほとんどありません。

しかし、この商材はメリット・デメリットをきちんと紹介してあります。

それこそが仕上がり具合の自信の表れなんだと思いました。



詳細はこちら
エクセレントFX


総合得点 :78/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:3★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
エクセレントFX
| 投資 |

銘柄をマークする

株式投資を行うには、やはり売買のタイミングというものが重要なことになってきます。

そのためにも、売買候補の銘柄を自分なりにマークして値動きを見ていく必要があります。

各銘柄には、相場全体の核となる銘柄や、業種の人気を左右する銘柄もありますから、銘柄をマークするということは、相場全体の動きをチェックする意味もあるのです。

「売買の時期が近い」

そう感じた時には、前場、後場までの動きも細かくチェックしましょう。

投資家であれば、毎日銘柄チェックをすると思いますが、毎日膨大な数の銘柄チェックというものはなかなか負担が大きく不可能です。

そういった時には、毎日チェックするもの、数日おきでよいもの、週末にチェックするものとあらかじめ区別しておくといいですね。

チェック方法は、新聞での値動きよりもチャートで見ましょう。

各証券会社はインターネットで見られるようなサービスを展開していますよ。

銘柄をマークしたら、マークしっぱなしというものは避けてください。

状況を見ながら定期的に見直して入れ替えの必要があります。

チェックが散漫になってしまうと、売買のタイミングすら見落として、痛い結果に陥ってしまいますからね。
| 投資 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 投資・FXの情報商材レビューセンター. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。