投資

スポンサードリンク

レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター

商材内容 :日本株が10分の1の予算で取引できるCFD投資のすべてを公開


価  格 :19,980円

詳細はこちら
レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター


□■□■□ 感  想 □■□■□

僕は一度株で大損をしているので、どこか慎重に、そしてとても恐怖を感じながら株取引を行っています。

僕の知識不足だったのかもしれませんが、株というものはリスクが高い割には儲けが少ないと思っていました。

もちろん、プラス収支になることもありその喜びを知っているからこそ、なかなか株から手を引くことができずに、株の悪循環が始まっていたのです。

株というものは、資産運用として考えれば、安定した利益を上げることができます。



しかし、そのためにはそれなりの資金が必要になってきますよね。

でもまだ若者といわれる僕の世代にはそれは難しいことでした。

そんな考えを払しょくしてくれたのが、このマニュアルです。

このマニュアルではCFDにおいて、レバレッジを効かせて投資をするように書かれています。



マニュアルに書かれていた

「少額投資で一攫千金を狙うことができる」

という一文には驚かされました。

「50倍など大きなレバレッジで損失が怖ければ、10倍程度のレバレッジをかけて投資すればよい」

というように、自分でリスクをコントロールしながら、少ない資金から最大限の利益を追求することができるのがこのCFDだとわかりました。

短期で狙って素早く利益確定をするそのポイントをこのマニュアルでしっかりと学ばせていただきました。



詳細はこちら
レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター


総合得点 :81/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
レバレッジ100倍証券ディーラー山本伸一のCFD投資マスター
| 投資 |

太郎丸の常勝FX

商材内容 :スイングトレードに特化したe-book


価  格 :19,800円

詳細はこちら
太郎丸の常勝FX


□■□■□ 感  想 □■□■□

このマニュアルは太郎丸さんの第4段となります。

過去の作品3作、

「太郎丸の常勝FX 1〜3(初級編〜上級・プロ編)」

を手に取った方なら、きっとこのマニュアルも購入するのではないでしょうか。

肝心の中身というと、1〜3作を超えるとてもよいものに仕上がっていると思います。

もし太郎丸さんの作品を初めて手にとろうかと考えている方。

ぜひ読んでいただきたいのですが、ひとつだけ、助言させて下さい。



このマニュアルには、向き不向きがあります。

スイングの場合には100%テクニカル派となっています。

もし購入を考えている人がファンダメンタルで勝負だと考えてらっしゃる方は、恐らく手法や考えが合わないと思うので、購入は控えた方が自分のためだと思います。



もちろん、これは誰にでもいえることですが、このマニュアルにだけ頼っても勝ちは見えてきません。

マニュアルから学ぶことは十二分にありますが、それをうまく活用するかどうかは購入した人次第なのではないでしょうか。

何事にも楽して稼げないように、FXに関してもマニュアル頼りではなく、自分の努力も必要だということ。

しっかりと理解して、運用に活かせるからこそ自分のスキルアップになると思います。

そうして力を身につければ長い間、好成績を上げ続けることができる、そんな教えのあるマニュアルになっています。



詳細はこちら
太郎丸の常勝FX


総合得点 :79/100点

わかり易さ:4★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:5★★★★★


詳細はこちら
太郎丸の常勝FX
| 投資 |

株主優待

株主が受ける特典として、株主優待というものがあります。

この株主優待というものは、企業が株主に対して品物やサービスを提供する制度のこと。

飛行機やJRの割引チケット、自社製品、食事の割引券、図書カードなど種類も様々です。

この制度は、株主にしてみたらとても魅力ある精度ですね。

実は株主だけでなく企業側にとっても、自社製品を使ってもらうチャンスですし、株主数が増えることで上場基準の達成へと近づくので、双方にメリットのある制度といえるでしょう。

もちろん、配当金とちがって非課税なので魅力も増しますね。

株主優待というものは、行わなくてはいけないという義務もありません。

なにしろ企業側の好意から生まれたものですから、株主優待をするかしないかは企業の判断に委ねられます。

先のJALの一連の騒動のように、業績の悪化によって廃止されることもあるのです。

また株主になったら、優待が受けられるかといったらそうではありません。

企業は、前もって優待の対象として定める株式数を決めていますし、優待を割り当てる基準日に一定の数を保有しているという条件が整えば、優待を貰う権利が初めて生まれるのです。
| 投資 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 投資・FXの情報商材レビューセンター. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。