投資

スポンサードリンク

神戸市垂水区この混迷の市場を見極める

商材内容 :遂に登場、マンションレポート近畿版第1号「垂水」


価  格 :2,960円

詳細はこちら
神戸市垂水区この混迷の市場を見極める


□■□■□ 感  想 □■□■□

「垂水区」という名前の知名度が上がってたのは、くしくも阪神淡路大震災だったと思います。

私も「垂水出身」だということを会社などで言うと、みんな口をそろえて震災のことを聞きますからね。

そんな地元にマイホームを構えようと思った時、震災のことが頭をよぎりました。

高層マンションに住むのは怖いのだろうか、いっそ神戸を離れた方がいいのだろうかなどと迷いましたが、やはり地元が好きだったのです。


地元だからこそという気持ちがあったので、物件探しも物件そのものより近くに便利なものがあるか、子供の学区はどうかということに詳しかったのでそこしか照準をあてていませんでした。

マンションの構造は、震災後ですから頑丈にできているでしょうから価格も相応なのだと思っていました。

妻が見つけてきたこのレポート。


ダウンロードして読んでみると、びっくりしました。

自分が考えていた以上の内容が書かれていたのです。

そこまで断言してもいいのかとこちらが心配になるくらい。

しかし、このレポートの意見を参考に、また一からマンションを選定しなおして、ようやく今のマンションに落ち着きました。

このレポートを読む前に契約などを交わしてなくてよかった!と心から思います。

レポートを見つけてきた妻よ、でかした!といった感じです!



詳細はこちら
神戸市垂水区この混迷の市場を見極める


総合得点 :90/100点

わかり易さ:5★★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:5★★★★★

お買い得感:5★★★★★


詳細はこちら
神戸市垂水区この混迷の市場を見極める
| 投資 |

モバトレ225 売りモード!

商材内容 :空いた時間に携帯一つでトレードでき、資産を増やす売りの法則


価  格 :19,800円

詳細はこちら
モバトレ225 売りモード!


□■□■□ 感  想 □■□■□

この「モバイルトレーディング225 売りモード!」というマニュアルは、一気に大金を手に入れるような手法ではありません。

毎日コツコツと行うことが必要なので、あまりにも忙しい人、日常携帯を開く時間がない人などには向いていないと思います。

僕自身、「トレード」と聞くと、

「パソコンにへばりつかなくては、株の動きがわからない」

とか

「売り買いの動向がつかめない」

なんて思っていました。

だから、今まで株に手を出す勇気がなかったのです。



しかし、このマニュアルのセールスページを見ていると、なんだか自分にもできそうな気がしてきて、思い切って購入しました。

説明も、初心者の僕にもとてもわかりやすくしてあり、難しい言葉などでつまづくこともなかったのです。

恥ずかしい話しですが、僕は株の専門用語すら知りませんでした。

いろいろなマニュアルが発売されていますが、専門用語がずらっと並べられているものも見かけます。

そのような商品は、きっと買っても理解ができないだろうと思っていました。



しかし、このマニュアルはそのようなものと違います。

とにかく初心者にも分かりやすいのです。

そして勉強会も無料で受けることができるので、マニュアルを読んでもしわからなくても大丈夫という安心感がついているのがよかった点です。

これから、空いた時間にトレードを行うのが楽しくなりそうです。



詳細はこちら
モバトレ225 売りモード!


総合得点 :84/100点

わかり易さ:5★★★★★

専 門 性:4★★★★

信 憑 性:4★★★★

お買い得感:4★★★★


詳細はこちら
モバトレ225 売りモード!
| 投資 |

会社四季報

株式投資を行っているなら、「会社四季報」には必ず目を通しましょう。

「会社四季報」東洋経済新報社が発行する、株式公開企業の業績や状況などを掲載した情報誌です。

一年に4回発行され、投資家が投資先を選ぶ時の資料となるもので、会社の投資に関する情報がほとんど記載されています。

「会社四季報」には、上場企業の基本情報の他、企業業績、財務状況などの近況に加え、記者が独自に取材した情報や、客観性の高い業績の予想等も載っていますから、毎号欠かさず読んで下さい。

またインターネットから閲覧できるCD−ROM版もあります。

価格的には書籍より高いのですが、時期の四季報発売までの間、会社四季報のホームページから最新の業績・株価情報が毎日ダウンロードできるのがメリットです。

また同じような内容で、日本経済新聞社発行の「日経会社情報」も発売されています。

内容的にはさほど変わりませんから、自分が読みやすいと思う方を手にするとよいでしょう。

もちろん、「会社四季報」を読んだからといって利益が必ず出るわけではありませんが、それぞれの企業の向かっている方向性などを理解しておく必要はありますよ。
| 投資 |
スポンサードリンク
Copyright (C) 投資・FXの情報商材レビューセンター. All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。